リスクアセスメント・スケール

褥瘡予防は、褥瘡発生の危険性(リスク)を評価し、
リスクに応じた褥瘡予防ケアを実施することが、基本となります。

 

褥瘡発生の危険性(リスク)を評価するためには、
リスクアセスメント・スケールを用いると、
観察視点を施設内、病棟内で統一することができ、
経時的にリスクを観察し、評価することができます。

 

スケールには、いくつか種類がありますが、
どれも、ケアに結びつく実践的なものになっています。

 

患者さんの状況に適したものを選択しましょう。

 

このスケールを十分に活用し、
早期から褥瘡の予防に取り組むことが重要です。

リスクアセスメント・スケールの種類

リスクアセスメント・スケールは、いくつかの種類がありますが、
代表的なスケールの一つに「ブレーデンスケール」があります。

 

このブレーデンスケールを褥瘡予防ケアの一つとして使用することで、
褥瘡の発生率を50〜60%少なくできるといわれています。

 

他にも、「OHスケール」、「K式スケール」、「褥瘡危険因子評価表」
などがあり、それぞれに特徴があります。

 

プレーデンスケールを基本とし、
高齢者が多い施設では「OHスケール」、
小児が多い施設では「ブレーデンQスケール」を追加して用いるなど、
対象となる患者さんの状態に応じて、スケールを使い分けしていくと良いと思います。

リスクアセスメント・スケールの種類とその特徴

・褥瘡危険因子評価表

 

褥瘡危険因子評価表は、日本人高齢者の褥瘡発生リスクの特性である、
病的骨突出を項目に組み入れているという特徴があります。

 

・ブレーデンスケール

 

ブレーデンスケールは、褥瘡の発生要因の概念図より構成されていて、
予防対策としての看護介入がしやすいという特徴があります。

 

・ブレーデンQスケール

 

ブレーデンQスケールは、小児用の褥瘡リスクアセスメント・スケールです。

 

・OHスケール

 

OHスケールは、日本人高齢者用で他のツールと比べても
項目が少なく、評価のばらつきが少ないという特徴があります。

 

・K式スケール(金沢大学式褥瘡発生予測尺度)

 

K式スケールは、前段階要因と引き金要因に分かれていて、
Yes,Noの二択方式になっています。

 

・在宅版褥瘡発生リスクアセスメント・スケール

 

在宅版褥瘡発生リスクアセスメント・スケールは、
在宅での介護者の「介護知識がない。」など、
在宅に特化した要因も検討されているスケールです。