介護についての知識・褥瘡予防

褥層とは、日本褥瘡学会の褥瘡予防・管理ガイドラインによると、
「身体に加わった外力は骨と皮膚表層の間の軟部組織の血流を低下、
あるいは停止させる。この状況が一定時間持続されると、
組織は不可逆的な阻血性障害に陥り褥瘡となる。」
と、定義されています。

 

この定義によると、褥瘡とは、日常生活の中でうけた
圧迫や摩擦、ズレなどによって血流が阻害された
皮膚損傷のことです。

 

ですから、褥瘡を作らないようにするためには、
患者さんの褥瘡へのリスクを正しく評価し、
患者さんの身体に加わる外力をとりのぞくよう
生活を整えることが必要です。

 

褥瘡には、発生に直接結びつく、
身体の一部にかかる過剰な圧力・応力(静的外力)と、
身体がほかの力によって動かされることにより生じる外力(動的外力)の、
二つが関わっています。

 

静的外力

 

たとえば、人がマットレスの上で寝ていると、
その人の体重によって重力がかかります。

 

そして、その重力は、皮膚だけでなく、
骨格と皮膚との間の軟部組織に圧力が及び、
「圧縮応力」、「圧迫性せん断応力」、「引っ張り応力」の3つが
複合力となり血流に障害を与えます。

 

この「圧縮応力」、「圧迫性せん断応力」、「引っ張り応力」の3つが、
複雑に組み合わさり、組織内に循環不全を引き起こします。

 

すると、やがて虚血状態となり、褥瘡が発生することになります。

 

これが、「静的外力」です。

 

動的外力

 

背上げによる皮膚のズレ、オムツ交換時の皮膚のたるみ、摩擦、
ずれなどは、「動的外力」になります。

 

このような情的外力や動的外力が、皮膚の同じ部位に
長時間加わると、褥瘡が発生します。